2017年04月01日

山羊部来訪

学校が春休みになり今年も中学生の友人が訪ねてきてくれた。
今回は彼の所属する山羊部の仲間と顧問の田中先生も一緒だった。
武蔵中(高)の山羊部では日々の世話だけでなく観察ノートを先生と学生が毎日つけている。私はそれに特に興味をひかれた。山羊を飼って観察することによって都心の学校にもかかわらず毎日”自然を観察しフィールドノート”を書く練習ができる。次回は私が学校に訪ねていき山羊部の様子を見せていただくことになった。

IMGP0008b.jpg
IMGP0012b.jpg
数学の先生が山羊を飼い、自然観察やその記述法を実地で議論しまたあるときはバッハを弾く。先生が知の幅広さを身をもって見せる、これこそが教育の真髄なのかな、と思った次第。

IMGP0026b.jpg

保育園の遠足や今回の見学など教育目的や地域のひとたちとのつながりにいつも気を配って快く受け入れてくださる石原さんに感謝です。いつも本当にありがとうございます。
posted by 羽生飛人 at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。