2017年01月17日

宮城の雄勝へ べリンダと行く

宮城の雄勝、モリウミアスというところにヤギのべリンダを連れて行った。べリンダは長らくうちから埼玉の加須のにしき保育園に出張に行って子供たちに愛されてきた。大人しくとても人なつっこい山羊。
地震と津波で甚大な被害をうけた雄勝の地でモリウミアスは廃校を子供たちの教育施設としてよみがえらせた希望のプロジェクト。
3月には東北の震災から6年がたつ。復興はなかなかすすまない。
そんな中、モリウミアスでは新たに大人のための宿泊施設アネックス棟をオープンさせた。そのオープンにあわせてべリンダは新たな仲間として加わることになった。ここを訪れる子供たちはもちろん
雄勝の人たちにも愛され、暖かい気持ちや笑顔をおこすような存在になれば幸い。

IMGP0004b.jpg

スタッフの清水さんの運転を見守るべリンダ。

べリンダの名前の由来は友人のピアニスト野本晴美さんのアルバムから来ている。
http://blog.livedoor.jp/ha_roomy/archives/cat_60362.html

IMGP0001b.jpg
那須高原PAでの休憩

IMGP0013b.jpg


雄勝について桑浜を散策

べリンダ初めての海だ。

IMGP0021b.jpg
美しい桑浜の港

ここも震災のときは津波の被害にあった。

IMGP0024b.jpg
寒波がきて小雪のふるモリウミアス校舎
IMGP0026b.jpg

新しくできたアネックス棟(大人のための宿泊施設)

IMGP0019b.jpg

若いスタッフの人達のミーティング
https://www.youtube.com/watch?v=-wuz1OM0Obk
IMGP0007b.jpg

モリウミアスの裏山をべリンダと散歩して慣らす。
IMGP0013b.jpg

この海の見える尾根の散歩道は何度も一緒に行ってべリンダも気に入ったようだ。

ここにくる子供たちが朝、べリンダと一緒に散歩するようになるといい。

IMGP0032b.jpg

白い鹿

IMGP0049b.jpg

陽当たりのいい気持ちのいい場所に廃材を使って急遽、小屋をつくってやることに。たまたまきていた小学生のしゅうちゃんにも手伝ってもらった。

IMGP0024b.jpg

ありあわせの廃材でのやっつけ仕事だがとりあえず寝床にはなった。

2月か3月に出産した場合下がある程度綺麗でないと産みおとした胎盤などが食べられないので。

IMGP0019b.jpg

人が見えないと寂しがるべリンダ
ちょうどいい場所だったかな

IMGP0039b.jpg

津波で被害をうけソーラー発電所にかわった雄勝小学校跡地
語り部の徳水さんと津波のときの子供たちが先生や地域の人たちと避難したルートを実際に歩きながらお話を伺う。
地上から十数m、高台にあるこの杉の木の子供の背くらいのところまで津波はあがってきた。
https://www.youtube.com/watch?v=tVpdbq2H0j8

posted by 羽生飛人 at 08:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。あたしは6歳のプードルフントのモモ子です。メロスのお姉ちゃんです。あたしのママのお家で1年半、一緒に暮らし、遊びました。まさか、メロちゃんが立派な写真を撮ってもらって、HPにUPしてもらっていたなんて、感激です。

メロちゃんが奮闘して、ツノお姐さん、ベリンダお姐さん、ミミ―ちゃんの赤ちゃんが生まれるのよ、とママが教えてくれました。嬉しいです。

ベリンダお姐さん、ロングドライブして雄勝町に転勤したんですね。後しばらくは寒い日が続きますが、美味しい葉っぱや木の芽をたくさん食べて、元気な赤ちゃんを産んでくださいね。
Posted by モモ子 at 2017年01月18日 22:49

べリンダについては本当に産まれるかどうかは確定ではないのですがツノとミミはほぼ産まれる感じです。
2月の中旬から1カ月が出産のタイミングになります。
Posted by 羽生飛人 at 2017年01月19日 08:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。