2013年08月04日

親子環境講座と純真短大山羊ゼミ

土曜日は親子環境講座シーズン5の第2回目
昨年に引き続き北本の自然観察公園から佐々木隆馬氏に来ていただき雨読晴耕村舎の身近な自然を題材に
レクチャーをしていただいた。
http://www.saitama-shizen.info/koen/

1回目同様、埼玉純真短大の山羊ゼミの学生たちに子供たちにマンツーマンでついてもらい子供たちとの自然との遊び方を学んでもらった。

まずは昼食のピザ窯を組んで余熱するところからスタート。

IMGP3459b.jpg

ムクの木のもとに集まりその葉っぱで爪を研ぐ

IMGP3466b.jpg

次は笹やタデの葉っぱで草笛だ。ちょっと難しいから音が出た時は嬉しい。

IMGP3473b.jpg

IMGP3480b.jpg

学生たちは保育実習などを経験して前回より子供たちとの距離を縮めているね。

次はカタバミの葉っぱで十円玉磨き。蓚酸の働き。

IMGP3484b.jpg

IMGP3489.JPG

植物の葉っぱ遊びから動物観察に移るんだけどちょっと刺激的なスターが。
シマ蛇 ヒバカリなんかのヘビの登場だ。事前にこの場所で捕獲しておいたものだ。
毒蛇でないこれらはとてもおとなしく蛇を毛嫌いする人たちのイメージとは違う。
子供たちはさわるのなんてへっちゃらだ。

IMGP3492b.jpg

IMGP3505b.jpg

積極的な子供はこんなことにもチャレンジ

IMGP3500b.jpg

学生たちも負けてないよ

IMGP3574b.jpg

触れ合うと親しみがわく。蛇たちも身近で生きている動物なんだ。
こんなことで一気に子供たちのテンションがあがりみんなで虫とりにでる。

IMGP3548b.jpg

興味をもって集中力の増した子供たちは炎天下でも熱心だ。

IMGP3542b.jpg

さー、お腹がすいてきたところで、お待ちかね。 石窯で焼いたピザだ。
昼食は糧工房の久美ちゃんが米粉で準備してくれたパンやピザ、そして玉ねぎと大豆のスープ。

IMGP3550b.jpg

IMGP3552b.jpg

谷川くんの差し入れのスイカも食べる。みんなで食べるとおいしいね。

IMGP3573b.jpg

IMGP3563b.jpg

IMGP3570b.jpg


この講座は中央ろうきんの助成プログラムで気象キャスターネットワークの協力のもとでの開催でした。
子供たちに身近な生態系への強い興味を呼び起こす秀逸な内容で私たち大人も勉強させていただきました。
関係した皆様、本当にありがとうございました。















































posted by 羽生飛人 at 18:48| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。