2011年02月03日

僕らは霧の中をさまよっている。

共存の森ネットワークからのお誘いで
柴田昌平監督の「森聞き」という映画を見た。

この映画は「森の名人」と呼ばれる人たちの人生と技を
聞き書きした高校生4人を追った作品。
http://www.asia-documentary.com/morikiki/yokoku.html
3月5日よりポレポレ東中野にて一般に公開。

音楽はフィンランドのラヤトンというアカペラグループ。
それがまた音も詩も面白かった。


僕らは霧の中をさまよっている
月の光に耳をすまそう
かすかに震える苔を踏みしめ
足もとを 心の奥を感じたい

ふたりが声をひとつに歌えば
歩む影も心寄せあう
なんと美しいことだろう

    ラヤトン詩
    (上山美保子訳)

posted by 羽生飛人 at 01:37| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ただいま旬のもの 2011/02/04 (by 管理人)
Excerpt: 雨読晴耕村舎では、竹炭作り、建設作業、餅つきと色々進行中。 ほっとジンジャーが売れ行き好調なのだとか。 **以下、後藤さんからのご報告** 先週はIさんが竹炭をつくっていきました。炭焼き釜はほ..
Weblog: -非公式版-雨読晴耕村舎の手作り有機農作物が食べたい!
Tracked: 2011-02-04 13:01
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。